エロについて【セラピスト選びに迷うあなたへ】

Aさんがエロいと思った世界が
Bさんにとってエロいとは限らず

Aさんにとって良いと思った世界が
Bさんにとって良いとは限らない・・・・。

 

こんばんは、あす香です。
藤丸Black掛け持ちに際し なんとなく語りたくなったのでキーボードを打つ

何を語りたくなったかというと、語り切れない「エロについて。」

 

 

語り切れないからきっと、途中まで書いて消すんだと思うんだけど、

その未完成ささえ 最近は受け入れられているので未完成な私でGO^^♡

 

 

エロとは何か。
エロース古希: ἜρωςErōs)は、ギリシア神話に登場する恋心と性愛を司るである。ギリシア語でパスシオン則ち受苦として起こる「愛」を意味する普通名詞が神格化されたものである。日本語では長母音を省略してエロスとも呼ぶ。
(ウィキペディアより)

 

ほうほう。エロの語源エロスは神で。

恋心と性愛が専門なんだね。なるほど。

 

性愛(せいあい、: Eros)は、本能に基づく性的な愛情[1]、愛着や愛欲、肉体的接触を指す。
(ウキペディアより)

本能に基づく性的な愛情
愛着や愛欲 肉会的接触を指す。

 

 

 

 

ふむふむ。本能ね。

そうそう、そうなんですよ

エロを語るうえで必ず通って避けれないのは、

意外かもしれませんが

本能を作り上げる家庭環境」と
今までの性体験」
「パーソナルスペースの好み(本能)」なんです。

ただし、以下概念は
日によって変わるし、人との距離感 関係性によっても変化する

 

 

 

例えば、

【愛】を受けて育った人、
もしくは
愛を受け取ったことのある経験のある人は

人に愛を与えることができるから、
愛を受けることができるセックスも好きで

愛あるセックスとは
オキシトシン幸せホルモンが上がりやすいセックスのことで

オキシトシン優位なセックスが好きな人が
感じるポイントは

乳首 ハグ 優しい 性器以外の部分だったりする。

(これを、私はwhiteよりと表現することが多い)

 

 

 

 

例えば、

好奇心を肯定されて育った人
もしくは好奇心がある人は、

新しかったり
新体験ができるセックスが好きで

刺激的なセックスとはドーパミンは増えやすいセックスのことで

ドーパミン優位なセックスが好きな人が
感じるポイントは

不意打ちだったり
5感がぐっちゃぐちゃになった
セックスが好きだったりする

(これを私はBlackよりと表現することが多い)

 

 

パーソナルスペースも人によって変わるので

全く隠れているものにエロスを感じる人。
ほどほどの距離感にエロスを感じる人。
全く距離がないことにエロスを感じる人。

人それぞれだ。

 

ただし、以下概念は
日によって変わるし、人との距離感 関係性によっても変化する(すごい大切なことなので2回目)

 

 

 

一口にエロと言えども

例え話ね。

味噌ラーメンがエロ
だと考える人もいれば、

醤油ラーメンがエロだと、

塩ラーメンがエロだと考える人もいる

(そこに否定も肯定もなく 初心者玄人も関係なく遊んでる遊んでないも関係なく)

好きなラーメン
好きな具材
食べられるだけの量

これは人によって違う

200gが普通盛りの人もいれば400gが普通盛りの人もいるわけで…

 

 

 

 

性の相性がいいって

私も博多とんこつ好き!
バリカタ?私もバリカタ!
え?キクラゲ頼んじゃう?
分かってるねー好き好き。

その価値観が合う人のことを指すって思ってるんだ。

 

 

なので、
「そうですか、あなたは「醤油ラーメン細麺が好きなのね」」

「濃い口醤油ラーメンだったら このセラピスト!」
「ちょっと醤油っぽくないんだけど、細麺としては最高傑作のこの人」がいるよ~

 

ってマッチングして初めてエロを楽しむことができるんだよね~~
(醤油好きなのに いくら絶品でも味噌ラーメンでてきたら残念じゃん)

 

 

 

まぁ、何が言いたかったかというと、
エロは人によって価値観が全然違って
全然違うことが素晴らしいってこと

全然違うからセラピストは極力皆様に合わせるよ!
合わせるけど、

ラーメン屋の店主に
何味がありますか??

私はこの味が好きなんです!

もしくは ネギだけは嫌いだから入れないでください!

 

 

って言ってもらえると 女性向け風俗がもっと楽しめるかもしれないのだ~~~~~

ただし、
日によって変わるし、人との距離感 関係性によっても変化する。(3回目)
(もちろん、セラピストもね)

 

 

おしまい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP